ホームページ

WordPressの最大アップロードサイズの上限を引き上げる方法

 

WordPressの最大アップロードサイズの上限を引き上げる方法を知りたいです!

 

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

 

使っているサーバーの環境によって、WordPressでは最大アップロードサイズが決められています。

 

たとえば、ConoHa WINGだと32MBですね。

 

この上限を引き上げる方法を3つご紹介します。

 

php.iniを編集して引き上げる

 

サーバー上のphp.iniに下記の3つをコピペしましょう。

 

 php.ini
upload_max_filesize = 300M
post_max_size = 300M
max_execution_time = 300

 

ちょっと難しく感じるかもしれませんが、コピペだけで大丈夫です。

 

ConoHa WINGをご利用の方はこちら
>>PHPの設定をする|ご利用ガイド

 

エックスサーバーをご利用の方はこちら
>>php.ini設定について

 

センリ
まずはphp.iniの設定にチャレンジしましょう。

 

.htaccessを編集して引き上げる

 

php.iniを変更しても上限が引き上がらなかったら、サーバー上の.htaccessに下記の4つをコピペしましょう。

 

 .htaccess
php_value upload_max_filesize 300M
php_value post_max_size 300M
php_value max_execution_time 300
php_value max_input_time 300

 

ConoHa WINGをご利用の方はこちら
>>.htaccessの設定を編集する|ご利用ガイド

 

エックスサーバーをご利用の方はこちら
>>.htaccessの編集

 

センリ
ここまででほとんどの方がWordPressのアップロード上限を引き上げられるはずです。

 

function.phpを編集して引き上げる

 

上記2つを変更しても上限が引き上がらなかったら、テーマの中のfunction.phpの一番下に下記の3つをコピペしましょう。

 

 function.php
@ini_set( 'upload_max_size' , '300M' );
@ini_set( 'post_max_size', '300M');
@ini_set( 'max_execution_time', '300' );

 

function.phpを編集して引き上げる
function.phpを編集して引き上げる

 

WordPressの左側メニューから「外観」→「テーマエディター」→「使用している子テーマを選択」→「一番下に貼り付け」

 

これで設定ができるはずです。

 

ここまで3つの方法を試してアップロードサイズを引き上げられなかった場合は、コードが間違っている可能性が高いので、もう一度確認してみましょう。

 

今回は以上です。

-ホームページ