日本語教師

日本語教師におすすめの副業は?【バレない副業】

2020年8月12日

日本語教師におすすめの副業は?【バレない副業】

 

日本語教師におすすめの副業を知りたい

 

そんな疑問を解決します。

 

本記事を書いている人

センリ

日本語教師5年目

国内専任講師

年齢:20代

Twitter:@Senrijp

 

日本語教師の皆さん、収入でお困りではありませんか?

 

そんなあなたにぴったりの記事をご用意しました。

 

本記事では日本語教師をしながら副業でお小遣い稼ぎをしている僕が日本語教師でもできるバレない副業についてご紹介していきます。

 

学校にバレたくないけど副業したいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

この記事を最後まで読めば、バレない副業がきっとわかるはずです。

 

バレない副業の条件

バレない副業の条件

 

まず、バレない副業の条件をまとめます。

 

  • 住民税でバレない
  • 在宅でできる

 

この2つさえ気にしておけばバレません。

 

では、詳しく解説していきます。

 

条件1:住民税でバレない

バイトのように雇用されているものだと、本業分の住民税と一緒に学校に送られてくるので確実にバレます

 

「なんでこの人だけ住民税が高いんだ」となってしまうわけですね。

 

住民税でばれないためには、業務委託や個人事業としてできるものを選びましょう

 

なぜ、業務委託や個人事業がバレないかはあとでご紹介しますが、簡単にいうと、確定申告で住民税の徴収方法を選べるからです。

 

条件2:在宅でできる

副業がバレる原因で2番目に多いのが、バイト中に学生や同僚に見られることです。

 

国内の日本語教師ならすでにお分かりでしょうが、学生たちがいたるところでアルバイトをしています。

 

そんな中で先生がアルバイトをするのは危険ですね。

 

そのため日本語教師のバレない副業の条件は在宅でできること、ということになります。

 

ちなみに在宅でも雇用関係があればバレてしまうのでお気をつけてください。

 

バレない日本語教師の副業3つ

バレない日本語教師の副業3つ

副業1:オンライン日本語教師

その名の通り、ZOOMやSkypeなどを使ったオンラインで日本語を教える副業です。

 

オンラインレッスンで有名なところを4つ紹介しておきます。

 

 

基本的にはすべて自分でレッスン料を決めて、一部運営に手数料を支払うというシステムになっています。

 

時間についても1レッスン30分ほどで終わるものが多く、スキマ時間でも小遣い稼ぎになります。

 

ちなみに、オンラインで日本語レッスンを受ける人のほとんどは海外に住む人のため、文法や語彙よりも会話メインのレッスンも多いです。

 

会話レッスンということは比較的、重荷が少ないので、副業としてはぴったりですね。

 

副業2:ブログ

日本語教師にはブログもおすすめです。

 

ただ、急にブログを始めた方がいいと言われても何をすればいいのかわかりませんよね。

 

僕も最初はわかりませんでした。

 

そんな人は「【いまさら聞けない】ブログって何?その疑問をすべて解説します。」を読んでいただけるとブログについてだいたいわかってくると思います。

 

ブログを運営すると毎月1000円ほどのコストはかかりますが、がんばって取り組めば毎月5万円ほどの利益は見込めます

 

僕自身、初めて4ヶ月で累計2万円ほどの利益が出ました。

 

僕はまだ少ない方ですが、周りのブロガーさんだと100万円以上稼いでいる人も少なくありません

 

夢がありますよね。

 

ブログを始めてみたい人は「【初心者】稼げる副業ブログの立ち上げかた【10ステップで簡単】」を参考にしてみてください。

 

副業3:クラウドワークス

クワウドワークスは国内最大手のクラウドソーシングを提供しています。

 

仕事内容はいろいろですが、スキルなしですぐにできるのはライターの仕事です。

 

たとえば、「〇〇の方法について3000字程度で書いてください。報酬は1文字0.8円です。」みたいな感じ募集されています。

 

ブログ開設まではできないけど、記事を書くだけならできるという方におすすめですね

 

ちなみに僕は土日の空いた時間を使って月1万円ほど稼いだ経験があります。

 

ただし、そんなに力を入れていたわけではないので、金額としては少ないです。

 

もし、しっかり頑張っていたら月3万円は稼げたのではないかと思います

 

ライターとして副収入が稼げる

クラウドワークスの詳細はこちら

登録は無料

 

バレないためには確定申告も忘れずに

バレないためには確定申告も忘れずに

もし、確定申告をしなかったら?

確定申告をしたら逆にバレるのではないかと思っていませんか?

 

確かに、確定申告をしなければすぐにはバレることはないでしょう。

 

しかし、あなたに報酬を支払った会社が取引記録などを税務署に報告をするので、あとから調査されます

 

そこで、脱税が知られたら、学校にバレるだけでなく、法的にもNGなので絶対に確定申告はやっておきましょう。

 

バレない確定申告

バレないためには確定申告の際に、普通徴収を選びましょう

 

確定申告の書類には住民税の徴収方法を「給与から差引」か「自分で納付」かを選ぶところがあります。

 

そのときに「自分で納付」を選ぶと普通徴収になります。

 

普通徴収になると、副業分の住民税は自宅に送られてくるようになるので、自分でしっかり納めましょう。

 

ちなみに、確定申告は難しそうと思う方はやよいの白色申告オンラインを使うと無料で簡単に書類作成ができますよ。

 

試してみてください。

 

まとめ:しっかり稼いで日本語教師をもっと楽しく

まとめ:しっかり稼いで日本語教師をもっと楽しく

最後に、今回ご紹介した副業をまとめます。

 

 

仕事が楽しくても収入が少なければ仕事がなかなかできませんよね。

 

しっかり稼いで楽しく仕事を続けていきましょう。

 

-日本語教師

© 2020 日本語教師センリのブログ