ICT

【オンライン授業】資料配布は自分のサイトを作るだけで格段に楽になる

【オンライン授業】資料配布は自分のサイトを作るだけで格段に楽になる

 

新米先生
オンライン授業でのとき資料配布がちょっと面倒なのですが、何か良い方法はありませんか?

 

そんなときには自分のサイトを持ちましょう!
センリ

 

本記事を書いている人

センリ

日本語教師6年目

国内専任講師

年齢:20代

Twitter:@Senrijp

 

対面授業で配布していたようなプリントをオンラインでも配布する方法についてまとめています。

 

ZOOMなどでオンライン授業をする場合、授業中のチャットでの資料配布はやや不便なんですよね。

 

相手がスマホだとPDFなどは送れないことがあったり、オンライン授業が終わってしまったら再ダウンロードができなくなっていたり。

 

そんなときに自分のサイトを作って資料を配布したらとても便利になったので共有します

 

オンライン授業を取り入れている学校の先生、個人でオンラインで教えている先生は参考にしてみてください。

オンライン時の資料配布方法

オンライン時の資料配布方法

 

簡単に言うと「自分のサイトを作って、そこにパワーポイントやPDFのデータをおく」ということになります。

 

イメージとしては下記のようなページを作り、資料を各自ダウンロードしてもらうということになります。

ダウンロード期限11月6日(金)まで

実際に作ったページはこちら⇨【10月30日】資料サンプル

 

または資料のURLだけをZOOMなどのチャットで共有してダウンロードしてもらうことも可能です

 

サイトの作り方

サイトの作り方

 

サイト作りは意外とカンタンです。

 

簡単な流れ

  • レンタルサーバーとドメインを契約
  • WordPressをインストール
  • デザインを整える
  • ファイルをアップロード

 

手順1:レンタルサーバーとドメインを契約

 

まずはレンタルサーバーとドメインを契約します。(毎月640円〜)

 

おすすめはConoHa WINGというGMOが運営するレンタルサーバーです。 

 

安いし速いし安定しているし、ドメインも無料でついてくるのでかなりおトクなんですね。

 

詳しい契約方法などは「日本語教師のためのブログの作り方【すごく簡単です】」でご紹介しているので割愛します。こちらの記事はブログの作り方ですが、「手順1」までは全く同じです。

 

手順2:デザインを整える

 

WordPressをインストールできたら、デザインを整えましょう。

 

デザインを整えるためには「テーマ」と呼ばれる着せ替えのような機能を使用します。

 

おすすめのテーマはCocoonという無料のテーマです。

 

ブログやサイトとして使うにはちょっと物足りないデザインですが、資料や教材置き場としてはシンプルで使いやすいテーマです。

 

まずはCocoon公式サイトより親テーマと子テーマを両方ダウンロードします。(青文字リンクを押すと公式サイトへ移動します)

 

テーマのインストール方法は公式サイトの公式サイトの「Cocoonテーマをインストールする方法」を参考にされると分かりやすいです。

 

テーマがインストールされればシンプルなデザインが出来上がるので、このまま使っても良いですし、公式サイトを見ながらいろいろカスタマイズされても良いでしょう

 

手順3:ファイルをアップロードする

 

ファイルのアップロードは簡単です。

 

まずはダッシュボード(WordPressの管理画面)から「投稿」⇨「新規追加」の順にクリックして、新規記事の投稿の画面を開きます。

 

このように説明文を付け加えたら、配布したい資料をドラッグ&ドロップします。

 

最後に分かりやすい名前に変更します。

 

作成したサイトはこちら⇨【10月30日】資料サンプル

 

センリ
このページのURLを共有すれば、すぐに資料を配布できますね!

 

サイトを作ったらできること

サイトを作ったらできること

 

資料配布のためだけに毎月お金を払っていくのはもったいない、と言う人に朗報です

 

実はレンタルサーバーとドメインを持っているだけでいろいろなことができるようになります

 

オリジナルメールアドレス

 

レンタルサーバーとドメインだけでメールアドレスが作れます。

 

たとえば、当ブログのドメインを使って、「info@senrisblog.com」や「nihongo@senrisblog.com」といったメールアドレスが作れます。

 

フリーで活動するのにGmailなどを使っているとちょっと恥ずかしかったりもするので、ぜひ作っておくことをおすすめします

 

ブログで情報発信

 

当ブログのように情報発信として使うことができます。

 

日本語教師の情報発信については「日本語教師が情報発信ツールを持つべき5つの理由と4つの方法」でもご紹介しているので参考にしてみてください。

 

新米先生
でも学習者への資料配布とブログを同じサイトでやるのはちょっと・・・

 

そんな時はサブドメインにWordPressをインストールしましょう!
センリ

 

サブドメインとは「shiryou.senrisblog.com」のような形のドメインで、今持っているドメインの前に文字列をおくことで別サイトを作ることができます。

 

サブドメインにWordPressをインストールすれば完全に別サイトになります。

 

ConoHa WINGでレンタルサーバーを契約されている方は「ドメインを追加する」のページを参考にしていただくとカンタンにできるはずです。

 

その他

 

その他にもいろいろ使い道があるので思いつくだけ並べてみます。

 

  • プライベートレッスンの生徒集め
  • 教案・教材のポートフォリオ
  • Moodleでe-Learningシステムを作る
  • etc...

 

と、いろいろな使い方ができます。

 

センリ
使い方次第では毎月1000円弱のお金を払い続けるメリットはありますよ。

 

まとめ:資料配布は自分のサイトでやるとカンタン

資料配布は自分のサイトでやるとカンタン

 

今回は「オンライン授業のときの資料配布は自分のサイトをつくるとカンタンにできる」という話でした。

 

簡単な流れを再掲すると下記のような感じです。

簡単な流れ

  • レンタルサーバーとドメインを契約
  • WordPressをインストール
  • デザインを整える
  • ファイルをアップロード

 

そこまで難しくはない作業ですし、資料配布が本当に楽になるのでぜひ試してもらえたらなと思います。

 

何かご不明な点があれば気軽にTwitterのDMお問い合わせからご連絡ください。

 

では今回はこの辺で

-ICT

© 2020 日本語教師センリのブログ